【テレビCM、シネアド事例】株式会社Live2D様

技術力があるだけでは駄目。見てもらってこそ意味がある。
株式会社Live2D
マーケティング部 仁科将様

弊社のアニメ制作ソフトウェアで出来る映像技術の高さを証明するために、制作した動画をテレビCMとシネアド(映画館CM)で実施。
新規のお客様の獲得はもちろん、旧知の企業様や既存のファンの方々へも驚きを与えてリブランディングに成功しました。
問い合わせの理由 弊社ソフトウェアで制作した動画を多くの人に見てもらうことで高い技術力を知らしめたかった
発注の決め手 全国放送などの要望を全部満たしたうえでシネアドという追加提案までしてくれた親身で熱意ある対応
得られた効果 Webサイト、イベントの集客など新規顧客獲得と技術力アピールによる既存顧客の活性化

導入事例詳細


これからビジネスを拡大していくにあたり、弊社のソフトウェアで十分なクオリティのアニメーション映像作品が制作できることを証明する必要がありました。
予算を抑えながらも、全国でのテレビCM放送と映画館でのシネアド上映という想定以上の提案をいただいて発注を決定。
反応は上々で、既存のお客様にも多くの良い感想をいただき改めて技術力をアピールできました。
シネアドについては制作に携わったスタッフで映画館まで確認しに行きました。
広告効果はもちろんですが、自分たちの映像作品を大きなスクリーンで上映することは、スタッフのモチベーションアップにも繋がりました。

目標に向かって前に進むために、技術力を証明したい

弊社の企業名・ブランド名でもあるLive2Dは、描かれたイラストの絵柄をそのままに動かせるソフトウェアです。その特徴からゲームの立ち絵を動かしたりVtuberのアバターとしての利用など、ちょっとした動きのアニメ制作ツールとして普及されていった経緯があります。
そんななか、アニプレックスと協業してLive2Dによる長編映画の制作が決まりました。
そこで現状のLive2D技術の最先端を、より多くの方に見てもらえる形で披露したいと考えました。
直接的にソフトウェアの販売数を伸ばすためではなく、弊社の技術でこういう映像作品が作れるのだというアピールのために、テレビCMを実施したいと思ったのです。
Live2DのテレビCM
<実際に放送されたCMより>

決め手となったのは、親身な相談と柔軟な対応

CMのプレスリリースで放映エリアを見てガッカリされてしまう方を少しでも減らすために、全国放送を実現したいと考えていました。とはいえ、やはりアニメ作品ということもあり、アニメ番組の枠に多く放送するのが望ましい。さらにいえば、多くの視聴が見込める人気番組でも放送したい。
それほど予算が多くないなか、これらの要望をすべて叶えてくださったうえに、なんとアニメ映画でのシネアド放映まで。
他社とは異なり私たちが想像していた上をいく提案をしてくれたのが御社でした。
その後もこちらの意見をしっかり聞いていただいて、柔軟に対応してくれたことで発注を決定。
正直なところ、キャンセルしたら企画費を請求されるんじゃないかとヒヤヒヤしていました(笑)
もちろん、そんなことはなかったのですが、そのくらい丁寧な提案をしていただきましたね。

新規顧客獲得だけでなく、既存のファンや従業員にも強い影響

本当にこの映像をLive2Dだけで制作しているのかと、驚きの声を数多く頂戴しました。期待以上の反応で、弊社の技術をアピールすることができたと思います。
もちろんWebのPVも増加しましたし、イベントの来場者にもいい影響があったと思います。Twitterなどでもかなりの話題になりました。
既存ユーザーの方達にも喜んでいただいて、ありがたくもわざわざテレビCMのためにリアルタイムで放送予定の番組を見たという方も。
弊社サービスの活性化という面でも成果があったと強く実感しています。
Live2Dで作られたアニメーションが大きなスクリーンに映った感動は忘れられません。ソフトウェアの宣伝だけでなく、映画制作に向けて会社全体のモチベーションアップにも繋がる大きな成果だったと考えています。

お問い合わせ

テレビCM・ラジオCM・YouTube広告・シネアドに
ご興味をお持ちの方は、お気軽にご相談ください