【テレビCMコラム】タイムシフト視聴のCMについて


テレビを見ていて最近耳にする見逃し配信という言葉や、人気ドラマのタイムシフト視聴率がニュースになるなど、いま大注目なのがタイムシフトです。

このコラムでは、テレビ番組をタイムシフト視聴できるテレビキャッチアップサービスについて解説いたします。

目次[非表示]

  1. 1.テレビのタイムシフトについて
    1. 1.1.そもそもタイムシフトとは?
  2. 2.キャッチアップサービスの種類
  3. 3.TVerについて
    1. 3.1.テレビっぽい買い方の予約型広告
    2. 3.2.オンラインらしい買い方の運用型広告
  4. 4.まとめ
    1. 4.1.テレビのタイムシフトにおけるCMのまとめです。

テレビのタイムシフトについて

・テレビのタイムシフト視聴とその際の広告について解説します

・この記事は3分で読めます


そもそもタイムシフトとは?

タイムシフトとは、放送をリアルタイムで見るのではなく後で好きな時間に視聴することです。録画機などで録画してから視聴することなどがタイムシフト視聴となります。

録画していなくても視聴できる方法として、インターネットでタイムシフト視聴できるサービスがあります。これらをテレビキャッチアップサービスと呼びます。

放送を見逃した人への救済措置の意味合いが強く、次回はリアルタイムで放送を見てもらえる配信は原則として放送から一週間になります。そのため見逃し配信とも呼ばれています。

なおラジオの場合、radikoのタイムフリーという機能でやはり一週間以内に放送されたラジオ番組を聴くことが可能です。

テレビについてはタイムシフト視聴する方法、テレビキャッチアップサービスが複数存在しています。


キャッチアップサービスの種類

キャッチアップサービスには、各テレビ局が参加しているTVerと個別サービスがあります。

個別サービスは主にテレビ局のキー局、準キー局が運営しているものになります。まずは各局が実施しているサービスを列挙いたします。


主な各局個別サービス

  • 日テレ無料! 日本テレビ
  • TBSFREE  TBSテレビ
  • FOD見逃し無料  フジテレビ
  • テレ朝動画  テレビ朝日
  • ネットもテレ東  テレビ東京
  • カンテレドーガ  関西テレビ
  • ytv MyDo!  読売テレビ
  • MBS動画イズム  毎日放送


いずれも、そのテレビ局で放送されたものがタイムシフト視聴できるサービスとなります。

それに対して、TVerは上記すべてのテレビ局の番組が視聴できます。


TVerについて

テレビの見逃し配信の代名詞と呼べるサービスがTVerです。在京キー局5社が始めたこのサービスは今や在阪5局とNHKまでもが参加。TVerのアプリは2020年3月の時点で2500万ダウンロードを達成しました。

再生回数も2019年6月時点で月間7365万回と各局キャッチアップサービスの合計の3倍以上となっており、もはやテレビ番組を見逃したらTVerというのが常識になりました。

そしてTVerのCMはテレビ局で放送されたときのCMとは別のCMになります。TVerへの広告出稿はどのようなものなのでしょうか。


テレビっぽい買い方の予約型広告

わかりやすいのがテレビ局とジャンルを選ぶ買い方でしょうか。日本テレビのドラマや、テレビ朝日のバラエティ、テレビ東京のアニメなどテレビ局と番組を選ぶことが可能です。通常のテレビCMを放送するとしたら高額になってしまう番組でも、キャッチアップでなら可能です。どうしてもCMを流したい番組があるけれど通常のテレビCMは予算的に厳しいときにもおすすめです。

他にも以下のような指定が可能です。

  • 地域、性別、年齢層によるターゲティング
  • スマホのみ、PCのみなどデバイス指定
  • 番組の冒頭や途中などのポジション固定
  • クリックを誘導させるクリッカブル

コンテンツはテレビ番組ですが、オンラインならではのCMが実現できます。


オンラインらしい買い方の運用型広告

YouTube広告に近いターゲティングができるのが運用型広告。テレビ局や番組ではなく、地域、性別、年齢層だけでなく細かいターゲットの属性を指定してCMが流れます。例えば自動車に興味がある人のみに配信するなど、テレビ局を横断して興味関心によって配信することが可能です。

他にも以下のような指定が可能です。

  • 曜日、時間帯指定
  • 完全視聴限定
  • リターゲティング表示
  • スマホのみ、PCのみなどデバイス指定

他にもいろいろな施策が可能です。テレビ局や番組にこだわるのでなければ、融通の効きやすいこちらがおすすめです。

予約型広告と運用型広告の金額の目安については下記のリンク先に記載しています。

  メニュー/料金 (テレビCM) |貴社に合ったCMを、無料で相談できるCMの窓口 テレビCMの料金プランです。料金プランは、地域・放送局によって異なります。廣告社が運営するCMの窓口では、テレビCMやラジオCMなど、各種動画広告のご相談を承っております。お気軽にご相談ください。 CMの窓口




まとめ


テレビのタイムシフトにおけるCMのまとめです。


  • タイムシフトは放送時間帯から遅れて好きな時間帯に視聴すること
  • タイムシフト視聴を公式にサポートしているのがキャッチアップサービスと呼ばれる俗に言う見逃し配信
  • テレビキャッチアップサービスを代表するのがTVer
  • TVerのCMは本放送とは別のCMで買い方も複数あり比較的安価での出稿も可能
  • TVerのCMならテレビ局や番組を指定することもユーザーの細かい属性で配信することもできる


テレビCMでいいのではないか、またはYoutube広告の方がいいのではないか。そういった検討が必要かと思います。

その戦略を一緒に検討させていただきます。


ご相談はお気軽にCMの窓口から。

総合広告代理店の廣告社が対応させていただきます。

お問い合わせ

テレビCM・ラジオCM・YouTube広告・シネアドに
ご興味をお持ちの方は、お気軽にご相談ください